結婚式BGMレゲエでおすすめなのは

結婚式のBGMにレゲエの楽曲をセレクトするというのも、一部でとても根強い人気がありますね。

年配の方にはなじみが薄い場合が多いですが、新郎新婦にこだわりがあるのであれば、レゲエの曲を結婚式のBGMにもってくるのもいいと思います。

レゲエで有名なアーティストといえば、湘南乃風やDef Tech(デフテック)、MOOMIN、少し前になりますが三木道三などでしょう。

これをレゲエとするかは意見がわかれるところですが、湘南乃風の「純恋歌」は結婚をテーマにした曲です。プロモーションビデオはプロポーズのシーンがあり、ちょっとジーンときますよ。よかったら視聴してみてください。

また三木道山のLifetime Respect(ライフタイムリスペクト)もやはり結婚をテーマにしたレゲエの曲です。結婚式のBGMにもふさわしいでしょう。

この二曲に共通して言えるのがオリコンヒットチャートの上位を獲得した曲であるということです。参加者の皆さんにも楽しんでもらえるレゲエのBGMということですね。

結婚式が和装の場合のBGMは?

和装の結婚式をされる方も多くいらっしゃいますよね。今回は結婚式が和装の場合のBGMについてお話します。

結婚式が和装の場合はBGMも邦楽、特に日本語の歌詞を選ぶのがよいでしょう。もっと和の雰囲気を出したいのであれば、三味線や雅楽などの楽曲を選ぶとよいのではないでしょうか?

三味線であれば吉田兄弟、雅楽であれば東儀秀樹などがよくしられているので、参加者にとっても楽しめそうです。東儀秀樹は生演奏を聞かせていただいたことがあるのですが、和風な感じがありつつも若い人でも楽しめるので、和装の結婚式にはぜひおすすめします。

また、女子十二楽坊なども和装の結婚式にぴったりあっていていいのではないでしょうか?

乾杯のBGMは何にする?

結婚式のBGM、乾杯のときに使う曲についてが今回のテーマです。

乾杯は一瞬ですが、これから結婚式(披露宴)が始まるぞというときなので、とても大事です。勢いのある力強いBGMやみんなが知っているポピュラーな曲がいいのではないでしょうか?

乾杯の前に挨拶が入るケースでは、あいさつにあわせて時間が長めの曲をセレクトするのがいいかもしれません。そうではなくいきなり乾杯の場合は、最初に山場がある曲か小さい音量で流してもらい、乾杯の音頭とBGMのサビをあわせるというのも手です。

お祝いの曲を一曲歌ってから結婚式の乾杯にはいるという演出もあたたかいですね。そのまんまですが、長淵剛の「乾杯」を歌ってから、もしくはBGMにしながら乾杯するのもにくい演出です。(笑)

結婚式BGMにクラシックを

結婚式BGMクラシックを使ってみるのはいかがでしょうか?今回おすすめするのは結婚式BGMにクラシック曲を使ってみることです。

クラシックは、ヨーロッパで生まれた伝統のある曲が多く、結婚式の雰囲気も格調高くスマートなものに変える力があります。

結婚式のBGMを全曲クラシックに統一するというのもありですし、お色直しやケーキ入刀など、雰囲気を変えたいときに一シーンだけあえてクラシック曲を使ってみるのも効果的です。

また、結婚式の演出としてクラシックの生演奏を行うのも面白いと思います。結婚式用に出張サービスを引き受けてくれる業者さんもあるんですよ。

また、ご自身でピアノやバイオリンを演奏できるという方は、サプライズでクラシック曲を演奏するのも素敵ですし、音楽サークルで出会った二人ということで、二人とも演奏できるのであればクラシック曲を共演されるのもいいですね。

結婚式BGMおすすめします

結婚式BGMおすすめします。ということでこのカテゴリでは私の個人的なおすすめな楽曲を紹介します。

先日二次会の幹事をやったときにあれやこれやと試行錯誤して選びました。

まずひとつめのお勧めBGMは、コブクロの「永遠にともに」。藤原紀香の結婚式で陣内智則(とものり)が歌った曲ですね。テレビ放映されていたので、ご存知の方も多いと思います。

「永遠にともに」は結婚式の当日を迎えた新郎の気持ちを歌った歌です。これからさきの人生のいろいろなシーンを新婦とともに歩み共に同じ感情を抱いていきたいという想いを歌っています。おすすめです。

結婚式のシーンでいうと、入場曲や友人代表の歌に使ったりするのがおすすめです。サプライズ演出で新郎から新婦への手紙のときに流すのや陣内智則のようにピアノ演奏しながらご自身で歌われるのもおすすめです。


結婚式BGMディズニー

結婚式BGMディズニーということで、今回紹介させていただくのは結婚式のBGMとしてふさわしいディズニーの曲についてです。

ディズニー好きの方は結婚式のBGMにもやっぱりディズニーの曲を使いたいですよね。ただ、ディズニー好きの人でも結婚式の曲といわれるといまいちぴんと来ない人も多いのではないでしょうか。あの作品のあの曲ということはわかっても名前がわからないのでは探せないですしね。

それはさておき結婚式のディズニーBGMで一番におすすめするのは、「a whole new world」 です。「アラジン」の中で魔法のじゅうたんで世界中を旅するときの曲ですね。この曲はアカデミー歌曲賞も受賞しているという名曲です。

あともう一つディズニーの曲から結婚式のBGMを選ぶとしたら忘れてはいけないのが「星に願いを」ですね。これは名曲中の名曲ですよね。原題「When You Wish upon a Star」としてなんと1940年ごろに「ピノキオ」の主題歌として発表されました。この曲もアカデミー歌曲賞をとっているんです。


ゼクシィ(ゼクシー)のCMのBGM

ゼクシィ(ゼクシイ)のCMのBGMが今回のテーマです。

ゼクシィのCMをご覧になった方いらっしゃいますか?あの加藤ローサがでてきくるCMです。そのCMの中で使われている「パパパパーン〜」という曲、あれを自分達の結婚式で使おうという方も多いのではないでしょうか?今回はそのお話ですね。

あのBGMって曲自体は有名でも、意外と名前がわからなかったりしますよね。あのBGMは、1800年代のドイツの天才作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの「結婚行進曲」という曲です。「夏の夜の夢」という曲の中の一曲として作られました。結婚式では新郎新婦の入退場の際によく使われます。

フェリックス・メンデルスゾーンの天才性をあらわすエピソードとして、一度聞いた音楽や見た楽譜を記憶できてしまうという話があります。一度楽譜をなくしてしまった際に記憶をもとにしてほぼ完璧に再現してしまったというのです。

また、この夏の夜の夢を作曲したのはわずか17歳のときというから驚きですね。

BGMとして使う時はこのような豆知識も覚えておくとよいかもしれません。

タグ:ゼクシィ CM
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。