ケーキ入刀

ケーキ入刀ということで、今回はシーン別結婚式のBGMの中でもケーキ入刀をテーマに紹介いたします。

まずケーキ入刀とはどんなシーンかということですが、二人の始めての共同作業とも言われますし、参加者から最も注目される場面でもあります。ケーキ入刀のときにゲストがみな新郎新婦に近づきカメラや写メールをとっていますものね。司会者の声がけを受けてケーキの前まで移動し、間をとってからケーキ入刀ですので、優しいトーンから始まってだんだんとテンポが上がっていく感じか、最初に壮大なBGMで注目してもらうような曲がいいでしょう。サビの部分を使いたいなら、サビ以前は音を小さめにしていざケーキ入刀となったおきに音量を上げてもらうといいですね。こういった特徴を踏まえて楽しそうで華やかなトーンにするか、神聖で格式の高い歌にするか決めればよいと思います。

おすすめのBGMですと、ディズニーのファンティリュージョンやGLAYの春を愛する人なんかはどうでしょうかね?前者は言わずと知れた東京ディズニーランドの夜のパレードですね。1995年から2001年までの間の演出でしたもう7年ほど前のBGMですが、いまだに人気があります。


春を愛する人は、シングル化はされていませんが誰もが知っているGLAYの名曲です。口唇のカップリング曲ですね。

プロフィールビデオA

久しぶりの更新になってしまいましたが、昨日小学校からの友人の結婚式&披露宴とその二次会に行ってきたので、BGMについて紹介しようと思います。

入場からケーキカット、両親への手紙などいいBGMが続いていましたが、中でも一番よかったなと思ったのがプロフィールビデオのときのBGMでした。新郎新婦が生まれたときから現在までの節目の写真をスライドショー仕立てにしたものですね。例えば0歳のときの写真や小学校入学、成人式などという具合です。私は新郎の友人で小学校時代から知っているのでとても懐かしい気分で見ていました。

彼は、絵に描いたようなわんぱくやんちゃ坊主で、元気いっぱい外で遊びまわっていたり、よく学校を抜け出したりして先生を困らせていたりするような子供でした。

そんな彼が結婚式のプロフィールビデオのBGMに選んだのが、スキマスイッチの「全力少年」です。歌を聴いたことのない人でもタイトルを聞いただけでなんとなく彼のキャラクターにあっていそうなのがわかりますよね。(笑)

この全力少年は、スキマスイッチの5番目のシングルとしてリリースされ、初めてオリコンの3位にランクインした歌です。そういう意味ではこの曲でスキマスイッチのことを知ったという方も多いのではないでしょうか。NTTドコモ関西のCMソングやあだち充原作の映画「ラフ ROUGH」の挿入歌になったりもしているんですね。

BGMのトーンとしては明るくアップテンポな感じで、歌詞の内容は大人になるまでに知らぬ間に身につけてしまった固定観念のようなものをぶっ飛ばして、いつまでも少年時代のときに持っていた「大切なもの」を大事にしていこうというものだと思います。結婚を機会に新しい生活をしていくことになるわけですが、このBGMのようにいつまでもキラキラ輝いていきたいですよね。



エンドロール

エンドロールのBGMというテーマで今日はお話させていただきます。

まず、エンドロールの説明ですが、結婚式の終わりに参加ゲストに対して感謝の気持ちやお礼の気持ちを表すためにゲスト全員の名前をスクリーンに流すという演出です。

映画が終わったあとに俳優や製作者の名前が流れるスタッフロールのようなものを想像してもらうとわかりやすいと思います。

エンドロールには名前だけでなくゲストへの一言メッセージや一緒にとった写真などもあわせて乗せるといいかもしれません。

制作方法はご自身でPCのソフトを買って作るのでもいいですし、そういうのが得意な友人に頼むのもいいでしょう。意外と簡単に作れるようですよ。プロの業者の方に頼むのもいいですね。会場に頼む方法もありますが、割高になってしまうようです。

エンドロールのBGMの選び方ですが、しっとり系で感動を誘うかアップテンポな感じでまとめるといいのではないでしょうか。

明るいBGMで感謝の気持ちを表すという意味では、SMAPの「ありがとう」などがいいと思います。

退場

退場ということで、新郎新婦が退場する際のBGMが今回のテーマです。

演出としては退場の前から少し小さめで曲を流しておき、新郎新婦退場と同時にサビが始まるようにすればビシッと決まりますね。

曲のテンポとしては明るい未来を想像させるようなテンポのよいものを選ぶか、余韻を残しつつジーンとくるようなものを選ぶかのどちらかのパターンがよいのではないのでしょうか。

おすすめの曲ということですと、kiroro(キロロ)の「未来へ」とIwish(アイウィッシュ)の「明日への扉」(あいのりで使われている曲)などはいかがでしょうか?両方とも結婚式の退場BGMとしては人気の曲です。

テンポのよい明るい曲ということですと、ウルフルズの「バンザイ〜好きでよかった〜」などもよいと思います。


タグ:退場

プロフィール紹介(ビデオ)

プロフィール紹介やプロフィールビデオでのBGMということで、今回はお話させていただきます。

司会者が、二人の小さい頃の話から経歴、現在の仕事や出会いの話を紹介する場面ですね。プロフィールビデオ(DVD)を使う場合もあります。結婚式の最初のほうの演出です。

手紙と同じくこちらも紹介の内容がよく聞き取れないと困るので、歌声なしのヒーリングミュージックなどが使われます。オルゴール、ピアノバージョンなどもよいですね。逆に声のあるBGMを使い紹介ビデオはテロップにするという手もあります。

プロフィールビデオ(DVD)にする場合は長さもわかるのでBGMを当てやすいですが、司会者による紹介の場合は念のためBGMの長さと紹介の時間を確認しておきましょう。紹介が終わる前にBGMが終わってしまったら間が悪くなってしまいますから。

おすすめのBGMとしてはコブクロの「Million films」などはいかがでしょうか?カルビーのCMで流れている曲ですね。100万枚のフィルムでも取りきれない程の思い出〜という歌詞が素敵です。





両親への手紙

両親への手紙ということで、今回お話させていただくのは両親への手紙を読む際に使う結婚式BGMです。

両親への手紙は主に結婚式の終盤で使われます。結婚式終盤のクライマックスといってもいいでしょう。そのためBGMにはお気に入りの一曲か、めりはりのある曲を選びたいですね。

また、手紙を読むので声がかぶらないように声のないイージーリスニングか洋楽を使うとよいでしょう。どうしても邦楽を使いたい場合は、オルゴールバージョンやピアノバージョン、もしくは音を小さめで流すのがいいと思います。

さて、肝心のおすすめの曲ですが、私がおすすめするのはkiroroの「未来へ」です。

新しい未来へ向けた歌であるということはもちろん、「母がくれたたくさんの優しさ」、「そんな私の手を握り一緒に歩んできた」など、母親に関することが歌詞になっているからです。

また、結婚をテーマにしたBGMでなくても父親や母親の大好きな曲を使うというのもひとつの手ですよね。

タグ:両親 手紙
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。